子どもの劇場

12月2日・3日・4日の三日間で、子どもの劇場が行われました。いわゆる「発表会」です。一日に学年1クラスずつ、学年を縦に分けての三日間です。
例年ですとお子さんのクラスが発表の日は他の学年の発表も見ていただける為、三歳児、四歳児、五歳児の育ちが、とてもよくわかります。しかし今年度は感染症対策からお子さんのクラスのみご覧いただきました。
出し物は年少組はカスタあそびと手あそび。年中組は楽器あそびと劇あそび。そして、年長組は歌と合奏に劇あそびです。
「劇の衣装がすごい!」「保護者の方が大変そう」と、思われる方もありそうですがいえいえ、これは幼稚園にあるものです。裁縫が得意な先生がいて、作りためたものです。もちろん、お面や小道具などは担任の先生が、この日のために子どもたちと作ったものです。